四国の太陽光発電のお問い合せ・資料請求 0120-337-309

四国のリフォーム・耐震についてのお問い合せは 0120-229-872

NEWS & TOPICS

【国交省】来年度より省エネ住宅 補助拡充する方針が発表されました。

2021年09月15日

中古物件の一般的な改修を補助対象に追加されるほか、トップレベルの省エネ性能を備えた新築物件を対象に、

補助要件を緩和する方針を発表されました。

中古改修の支援は現在、「長期有料住宅の認定の取得」など条件がありますが、これらを満たさなくても

" 壁に断熱材を入れる "工事などで補助を受けられるようにする見通しになっております。

新築住宅では、LCCM(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス)住宅の普及を目指し、25年度に現行基準の省エネ適合が義務化。

遅くとも30年までに適合基準を年間エネルギー消費量の収支が実質ゼロになるZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)レベルに引き上げる見通しです。

現在は先進技術を用いたモデル事業に限り、1戸あたり原則最大125万円を支給しています。

国交省は来年度から全てのLCCM住宅を対象とする方向で、金額などを調整がなされます。

【出典|2021年9月14日 愛媛新聞記事より一部抜粋】

事業内容

  • 太陽光発電 住宅用
  • 太陽光発電 産業用
  • リフォーム
  • オール電化
  • 空調・冷凍冷蔵設備
  • 蓄電池
  • 弊社の強み
  • 弊社のこだわり
  • アフターサービスについて
  • 保証について/住宅用
  • 保証について/産業用
  • よくある質問
  • 太陽光のリスクとは?

現金負担なしでリフォーム・借り換えができる!スマートリノベーション

お客様の声

投資家の皆様へ