四国の太陽光発電・リフォームのお問い合せ・資料請求 0120-229-872

よくある質問

弊社に関する質問

各事業の対応エリアはどこまでですか?
四国圏内を中心に対応しております。実績としては中国地方(広島県・岡山県等)も内容によっては対応可能です。
直接会って相談をしたいのですが?
弊社各部署の専門担当スタッフが訪問し、ご相談に応じます。
他社で施工したものでも、トラブルがあった場合に見てもらうことはできますか?
はい。「弊社の強み」にもありますが、アフターメンテ40年の実績と信頼をもって専門的にメンテ・修理などをおこないます。
相談・見積りをした後のキャンセルはできますか?
はい。相談・見積りの段階では費用は発生しません。

太陽光発電に関する質問

買取制度に関する質問

余剰買取制度とは?
太陽光発電した電気から、ご自身で消費した電気を引き算し、余った電気があればこれを売電できるという制度です。
全量買取制度とは?
ご自身で消費した電力とは無関係に、太陽光発電したすべての電気を売電できるという制度です。
全量買取制度の適用条件は?
【設備としての条件】
①10kW以上の設備であること、②新規設備である(増設ではない)ことが条件となります。
【適用に必要な手続き】
適用には①設備認定(経済産業局)と②接続契約(電力会社)が必要となります。
経済産業局の設備認定にかかる期間は?
設備認定には約1ヶ月程度の期間が必要だとされています。現実にはそれよりも短い期間で認定されているケースが多いですが、1ヶ月はみておきましょう。
電力会社の接続契約にかかる期間は?
電力会社の接続契約にかかる期間は設備規模によって異なります。低圧の場合においては、設備認定後電力会社支店窓口にて申請し、即日回答・受理が可能となります。また、高圧の場合は技術検討照会申込をおこなった後、電力会社にて検討がおこなわれ、設備業者と電力会社での事前協議がおこなわれます。その後に受理となりますので、約3ヶ月程度の期間はみておきましょう。

【低圧の場合】⇒設備認定(1ヶ月程度)〜受理まで(即日)

設備認定→接続契約申込

接続契約:管轄電力会社の連系申込書は、各電力会社ホームページにて入手可能です。申込書は電力会社各営業所の窓口にて受付(即日回答)します。

【高圧の場合】⇒設備認定(1ヶ月程度)〜受理まで(3ヶ月程度)

設備認定→技術検討照会申込 照会回答 事前協議 技術検討申込

技術検討:「照会申込書」「検討申込書」は営業所にて入手可能です。即日受理はできず、①技術検討照会申込 ②照会回答・事前協議が必要となります。

20年後の買取価格は?
適用期間後の買取価格については法律では定められておりません。現状では、買取価格については、電力会社との交渉の上で決定されることとなっております。

グリーン投資減税に関する質問

グリーン投資減税とは?
以下の3つから選択ができます。

1 免税 取得価額の7%税額控除 当期法人税の額の20%が上限。

2 利益処分 初年度41.8%(特別償却11.8%+30%)特別償却 通常償却の11.8%に加えて30%の償却が可能です。

3 利益処分 初年度100%即時償却 初年度に100%即時償却が可能です。

  • 対象期間については、平成27年3月31日までとなります。(平成26年4月現在)
  • 詳しくは担当の税理士さん等にご相談ください。
取得価額の定義は?
取得価額に入れられる直接費は、設備の購入代金(購入手数料等を含む)又は制作費(原材料、設備費、制作に従事した従業員の賃金、手当、福利厚生費を含む)に加えて、引取運賃、荷役費、運送保険料、据付費を含むと解されます。
屋根の修繕費用などは取得価額に含まれるの?
屋根の修繕費用などの付帯工事は原則として上記に含まれません。しかしながら、実際のケースとしてはそれらも取得価額として認められている場合もあります。最終的には税務署の判断となります。
個人事業主でもグリーン投資減税の優遇は受けられるか?
法人税の課税対象でない個人事業主については、法人税を所得税に読み替えて優遇措置を受ける事ができます。

関連法律・制度に関する質問

設置できない場所はあるの?
原則的にはありません。しかしながら、現実的には農地に設置することは農地法により認められておりません。また、他にも申請や許可をもらわなければならないところもあります。
地目はどのように調べればいいの?
地目の確認方法は、

法務局にて書類の取り寄せが必要です。

法務局にて発行される「全部事項証明書」または「登記事項要約書」の確認にて地目がわかります。
固定資産税の申告はどこにいつすればいいの?
毎年1月1日現在に所有している償却資産を、その年の1月31日までに、管轄の市税事務所または役所の償却資産係に申告する必要があります。
固定資産の税額の算出方法について
固定資産の算出方法は以下のようになります。

固定資産税額の算出法について

■固定資産税算出法
   課税評価額×1.4%=当該年度固定資産税額
■課税評価額
   前年度評価額×(1−0.127“残存評価率太陽光:12.7%”)

商品に関する質問

定格出力と実際の出力の差は?
現実には、定格出力よりも実際の発電量のほうが大きくなる場合が多いです。実際のデータが以下のようになります。

■愛媛県(5.5kWシステム)の場合 平成24年7月17日〜平成25年3月31日(8ヶ月+15日間) 予想発電量3,719kW/h 実発電量4,027.3kW/h 予測より8.2%UP ※日射量数値はNEDO全国日射量平均値データマップを採用。

蓄電はできますか?
太陽光パネルには蓄電能力はありません。
太陽光パネルを廃棄する場合はどうすればいいの?
太陽光パネルを廃棄する場合は一般産業廃棄物となります。廃棄する場合は一般産業廃棄物収集運搬業者にご連絡ください。太陽光発電の寿命は一般的に20年以上あるといわれています。ほとんどの場合は再利用できるものとなりますが、リサイクル・中古市場はまだまだ立ち上がりの段階で確立されておりません。
パワーコンディショナの単相と三相の違いは?
単相では2本の線によって電気を送り、三相では3本の線によって電気を送ります。単相は配線が簡単にできるため、住宅用に適しています。3相は一度にたくさんの電力を送ることができるため、産業用に適しています。

リフォームに関する質問

「リフォームをしたい!」と思ったとき、なにからはじめれば良いですか?
最初にリフォームで実現したいこと、解消したい悩みを確認しましょう。「リフォームをしたい!」と思うからには、必ず何かしらの悩み、希望があるはずです。まずはこの部分をしっかりとおさえておきましょう。そして、どれだけ作業が進んでも最初に抱えていた悩みや願望を忘れないように、ご家族でこれらの悩みや希望を共有しておくことが大事です。イメージが固まっていれば、リフォーム担当者にも希望しているリフォームのカタチが伝わりやすく、その後の打ち合わせもスムーズに進みます。
契約前に相談に応じてもらえますか?
中には「相談したら断りづらくなりそう…」と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、わからないこと、不安に感じることを抱えたままでは、安心して暮らすこともできません。相談にのってもらったからといって、契約しなければならないということはありません。
プランでチェックすべきポイントはありますか?
伝えた要望がきっちりプランに盛りこまれているか、まずはひとつひとつ確認しましょう。おそらく設計図面や立体イメージ図などで示されると思いますが、特に、設計図面は普段、見慣れていないと思いますので、すぐには理解しにくいかもしれません。できればショールームなどで実物を確認することをおすすめします。
見積金額が妥当かどうかを判断するコツはありますか?
見積書に細かな金額の内訳が記されているかどうかについても、きちんと確認しましょう。「キッチン工事一式」や「諸経費は別途」などといったあいまいな表記があったら注意してください。安いには安いなりの、高いには高いなりの理由があります。金額だけでなく、「なぜこの金額なのか」その理由を確認することが大切です。慎重にチェックしてください。
耐震補強について教えてください
2011年3月に発生した東日本大震災により、あらためて住まいの耐震性を気にしておられる方も多いと思います。耐震補強の工事内容は、その家の状態によって大きく異なりますから、まずは「耐震診断」で確認されることをオススメします。弊社では専門のスタッフがお伺いし、法律に基づいた診断をおこなっています。
リフォームもローンを組むことはできるのでしょうか?
リフォームの金額は工事内容によってかなり差があります。リフォームも住宅の新築や車の購入などと同じように、ローンを組んでおこなうことができます。弊社では金融機関と提携して、お得な金利のリフォームローンをご用意しています。
信頼できる会社はどんな会社なのでしょうか?
信頼できるリフォーム会社かどうかを判断するポイントはいろいろあります。代表的なもの、ここだけは忘れずに確認してほしいポイントをあげてみますので、ひとつずつチェックしてみてください。
  • ①打ち合わせのとき、悩みや要望にじっくりと耳を傾けてくれる会社
  • ②地域での評判が良い会社
  • ③提案上手な会社
  • ④認可や資格のある会社
  • ⑤アフターフォローがしっかりしている会社

蓄電池に関する質問

蓄電池の寿命はどのくらいですか?
設置される環境と使用される方法にもよりますが、目安として10年を見込んでいます。
家まるごとバックアップとはどのような意味ですか?
万が一の停電時に、家の全ての照明、コンセントにシステムから電気を供給する機能のことです。
また停電時にには自動的に、システムからのみの電気供給に切り替わります。
設置に際し、どのような工事が必要ですか?
システム本体の設置工事、分電盤の改修工事、宅内リモコンの設置工事が必要になります。
充電時間はどのくらいですか?
100%放電した場合、満充電するのに5〜6時間かかります。
操作や設定を自分で行う必要があるのですか?
システムは自動的に充電・放電を切り替えますので、普段の運転に際してお客様の操作は必要ありません。ただし運転モードなどの各種設定変更は、専用のリモコンにて設定変更していただくことができます。
質問設置後のメンテナンスは必要ですか?
お客様によるメンテナンスは必要ありません。専門の業者による定期的な点検を推奨させていただいています。

事業内容

  • 太陽光発電 住宅用
  • 太陽光発電 産業用
  • リフォーム
  • オール電化
  • 空調・冷凍冷蔵設備
  • 蓄電池
  • 弊社の強み
  • 弊社のこだわり
  • アフターサービスについて
  • 保証について/住宅用
  • 保証について/産業用
  • よくある質問
  • 太陽光のリスクとは?

完成物件のご紹介

投資家の皆様へ